格安SIMとキャリアとの違い

格安SIMはキャリアのスマートフォンやタブレットの契約とは異なり、安い価格でスマートフォンやタブレットを利用することが出来るのが特徴です。

またキャリアのSIMは端末とセットで契約することが多いですが、格安SIMはあらかじめ端末を用意してからSIMだけを契約するケースもあります。


またメールアドレスは変わってしまいますが、番号ポータビリティを利用すれば今までの番号を使えます。

大きな違いは料金設定で、スマートフォンはキャリアになると一ヶ月一万円前後ですが、格安SIMは一ヶ月二千円前後です。



使うデータ容量は一日で区切られているものから、月単位でデータの使用容量が決められています。
契約時に自由に容量を選ぶことができ、自分の好きな容量に設定することが出来ます。

容量の繰り越しなども使えるので、無駄なく使い切ることも可能です。

サービスによっては速度を自由に変えることもでき、使わないときには速度を遅くするなどの設定も出来ます。



使用するときにはSIMフリーの端末やキャリアで以前使っていた端末を用意して、その中にSIMを入れます。



SIMフリーの端末はインターネットのショッピングサイトから購入することが出来たり、SIMの会社からセットで購入することも可能です。

申し込みや端末の設定、アプリの設定などは自分で行い、分からないことがあってもインターネットで検索したり会社に問い合わせれば解決します。ある程度知識を持っていれば、格安SIMを利用することは簡単です。